「WinZip Driver Updater」の迷惑ソフトが表示される、Lenovo製ノートパソコン【IdeaPad L340-15API】を、”迷惑ソフト削除”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

Lenovo製 L340-15API ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、「WinZip Driver Updater」の迷惑ソフトが表示されるトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

迷惑ソフト

「WinZip Driver Updater」は迷惑ソフトの一種で、ドライバーのアップデートをスキャンして修復を促し、有料ソフトを購入させようとします。
迷惑ソフトとは、ユーザーが意図しない形でパソコンに不正に侵入し、システム破損やウイルス感染などの不安を煽るメッセージを表示させ、有料ソフトなどの購入を促してくる不正なソフトウェアのことです。迷惑ソフトの侵入経路は、迷惑ソフトが仕込まれたフリーソフトのダウンロード、Webページの閲覧時に不安を煽るメッセージを表示させて、迷惑ソフトをダウンロードさせるなどでパソコンに侵入します。一度パソコン内に侵入してしまうと、迷惑ソフトを削除しない限りはパソコンの起動時などに毎回表示されてしまい、パソコンのパフォーマンスも低下させてしまいますので、迷惑ソフトが表示された場合は、早めに削除を行いましょう。

種類特徴感染経路自己増殖
迷惑ソフト不安を煽るメッセージを表示させ、ソフトウェアなどの購入を促すプログラムインターネット(Webページ・アプリケーション)しない
ウイルスシステムやデータの破壊を行うプログラムインターネット(メール・Webページ・アプリケーション)する
迷惑ソフトとウイルスの違い

パソコンのデスクトップ画面に迷惑ソフトが勝手に表示されて、不正にインストールされてしまっている状態でしたので、今回は迷惑ソフトの削除作業をご提案させていただきました。

迷惑ソフト削除
迷惑ソフト削除

迷惑ソフトの削除を行います。

Lenovo製 L340-15API ノートパソコン

「WinZip Driver Updater」が削除され、迷惑ソフトがデスクトップ画面に表示されなくなりました。

迷惑ソフトは、主にフリーソフトのダウンロード時に、ユーザーが意図しない形でパソコンに不正に侵入します。
迷惑ソフトはウイルスと違うため、ウイルス対策ソフトでは防ぐことはできません。不用意なダウンロードは避けたり、提供元のわからないようなソフトウェアをダウンロードしないなどのパソコンの使い方に注意が必要です。万が一迷惑ソフトがパソコンに入ってしまった場合は、不安を煽るメッセージは無視して、パソコンのパフォーマンス低下につながるため早めに削除することをおすすめします。

今回は「WinZip Driver Updater」の迷惑ソフトが表示されるトラブル解決事例をご紹介させていただきました。迷惑ソフト削除により迷惑ソフトが表示されなくなるだけではなく、迷惑ソフトによるパフォーマンスの低下を改善するメリットもあります。
迷惑ソフトが表示されてお困りのときや、「ウイルスに感染した」などの警告画面が消えないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。