パソコンの電源を入れても画面に何も表示されない、FUJITSU製ノートパソコン【AH45/B3 FMVA45B3R】を、”データ取り出し”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

FUJITSU製 AH45/B3 FMVA45B3R ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、パソコンの電源を入れても画面に何も表示されないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

経年劣化によるマザーボードの故障が発生し、画面に何も表示されなくなってしまった状態です。
マザーボードの故障の原因としては、経年劣化によるマザーボードの寿命、水をこぼしたなどの水濡れ、熱や物理的な衝撃が考えられます。マザーボードが故障してしまうと、電源は入るが画面に何も表示されない、パソコンの電源が入らない、パソコンの電源が急に落ちる、BIOS/UEFIが起動しない、ピーピーなどのビープ音が鳴るなどの症状が出てきて、パソコンを正常に起動させることができなくなりますので、パソコン内部の熱対策や強い衝撃を与えないなど、マザーボードの取り扱いには注意が必要です。

マザーボードの故障が発生している状態でしたので、今回はパソコンの中に入っているデータの取り出し作業をご提案させていただきました。
パソコンの画面に何も表示されない状態でも、パソコンの内部からすべてのデータが保存されるハードディスク(HDD)やSSDといった記憶装置を取り出して、データを取り出すことが可能です。

電源ボタン

電源ボタンのランプは点灯していますが、画面に何も表示されません。

ハードディスク

パソコンの内部からハードディスク(HDD)を取り出し、データを取り出します。

データ取り出し

ハードディスク(HDD)は正常に動作していたので、問題なくデータを取り出せました。

パソコンの内部は、発熱するたくさんの部品で構成されており、パソコン内部に埃が溜まると内部の排熱機能が低下し、熱がこもり続けて部品が冷やされず壊れてしまうこともあります。
マザーボード、電源ユニット、グラフィックボード、ハードディスク(HDD)・SSD、メモリーなど、一つでも壊れてしまうとパソコンの電源が入らないこともあるため、パソコンの設置場所を通気性の良い場所に変えたり、定期的にパソコン内部のクリーニングをして、パソコン内部の熱対策を心がけましょう。

今回はパソコンの電源を入れても画面に何も表示されないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。データ取り出しにより、パソコンの画面に何も表示されないトラブルでも、保存していた大切なデータを取り出すことができます。
パソコンの電源を入れても画面に何も表示されなくてお困りのときや、パソコンの電源が入らないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。