インストールメディアの作成方法 【Windows10】

windows10のデスクトップ画面

今回はWindows10のインストールメディアの作成方法についてご紹介いたします。

Windows10のインストールメディアは、Windows10のクリーンインストールやシステムの回復環境を起動できるので、
何かパソコンのトラブルが起こったときにお役に立つ場合もありますので、是非作成しておくのをおすすめいたします。

それではWindows10のインストールメディアの作成方法の手順をご紹介していきます。

1.Windows10のインストールツールをダウンロードします。

MicrosoftのWindows10のダウンロードページからツールをダウンロードします。

Windows10インストールメディアの作成方法

2.「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

Windows10インストールメディアの作成方法

3.【適用される通知とライセンス条項】が表示されますので、「同意する」をクリックします。

Windows10インストールメディアの作成方法

4.【実行する操作を選んでください】が表示されますので、別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)を選択して、「次へ」をクリックします。

Windows10インストールメディアの作成方法

5.【言語、アーキテクチャ、エディションの選択】が表示されますので、言語はご希望の言語、エディションはそのまま(Windows10)、
アーキテクチャはご希望のビット数(お使いのパソコンが64ビットの場合は”64ビットx64”)を選択し、「次へ」をクリックします。

Windows10インストールメディアの作成方法

6.【使用するメディアを選んでください】が表示されますので、今回はUSBメモリーに保存するのでUSBフラッシュドライブを選択して、「次へ」をクリックします。ここで使用するUSBメモリーは少なくとも容量が8GB以上のもので、中に保存されているデータはすべて消えてしまうので注意が必要です。

Windows10インストールメディアの作成方法

7.【USBフラッシュドライブを選んでください】が表示されますので、リムーバブルドライブにUSBメモリーが認識されているのを確認して、「次へ」をクリックします。もし認識されていない場合はUSBメモリーの抜き差しを行って、ドライブの一覧を更新するをクリックし、USBメモリーが認識されるか確認してみてください。

Windows10インストールメディアの作成方法

8.【Windows10をダウンロードしています】が表示されます。

Windows10インストールメディアの作成方法

9.【Windows10のメディアを作成しています】が表示されます。

Windows10インストールメディアの作成方法

10.【USBフラッシュドライブの準備ができました】が表示されますので、「完了」をクリックします。

これでWindows10のインストールメディアの作成は以上になります。

パソコンの起動時に、自動修復画面が出て起動しないなどのトラブル時に、Windows10のインストールメディアを用意しておけば、トラブルの内容によってはパソコンを直すことができる場合がございます。万が一に備えてインストールメディアを作成して保管していただければと思います。

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。