Microsoft Office Home and Business 2021(プロダクトキー版)のライセンス認証方法

マイクロソフトオフィスライセンス認証

初めてMicrosoft Officeを使用するときは、Microsoft Officeのライセンス認証を行う必要があります。
Microsoft Office Home and Business 2021のライセンス認証方式には、従来のプロダクトキーを使用するプロダクトキー版と、Microsoft Office製品に含まれるライセンス情報を用いたデジタルライセンス版の2種類があります。プロダクトキー版のライセンス認証方式では、パソコンの箱に同梱されているプロダクトキーカードに記載のプロダクトキーを使用してライセンス認証を行います。ライセンス認証時にはインターネット環境が必要で、プロダクトキーの入力とマイクロソフトアカウントの登録を行ってライセンス認証が完了します。

プロダクトキー版デジタルライセンス版
プロダクトキーカード同梱なし
インターネット接続必須必須
マイクロソフトアカウント必須必須
ライセンス認証方式マイクロソフトアカウントにログインし、プロダクトキーを入力して認証マイクロソフトアカウントにログインし、Microsoft Officeを起動してデジタルライセンスによるオンライン認証
再インストール方法マイクロソフトアカウントのWebページからソフトウェアをダウンロードしてインストールマイクロソフトアカウントのWebページから、ソフトウェアをダウンロードしてインストール
ライセンス認証方式の違い

それではMicrosoft Office Home and Business 2021のライセンス認証の手順をご紹介していきます。

1.Word(ワード)・Exce(エクセル)・Power Point(パワーポイント)・Outlook(アウトルック)どれかのMicrosoft Officeを起動させます。

マイクロソフトオフィスのライセンス認証

2.【プロダクトキーを入力します】が表示されますので、プロダクトキーカードに記載されているプロダクトキーを入力します。

マイクロソフトオフィスのライセンス認証

3.【サインイン】が表示されますので、マイクロソフトアカウントのユーザー名を入力して、「次へ」をクリックします。

マイクロソフトオフィスのライセンス認証

4.【パスワードを入力する】が表示されますので、マイクロソフトアカウントのパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。

マイクロソフトオフィスのライセンス認証

5.【ライセンス契約に同意します】が表示されますので、「同意する」をクリックします。

これでMicrosoft Office Home and Business 2021のライセンス認証は以上になります。

Microsoft Office 2013以降のオフィス製品ではマイクロソフトアカウントの登録が必須となっており、オフィス製品と紐づけしたマイクロソフトアカウントでサインインすれば、いつでもMicrosoft Officeのダウンロードが可能です。オフィス製品と紐づけしたマイクロソフトアカウントを忘れてしまうと、パソコントラブルでWindowsを初期化した後にMicrosoft Officeの再インストールができなくなる可能性がありますので、登録したマイクロソフトアカウントの情報は大切に保管しておきましょう。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。