Word(ワード)が開かない、NEC製ノートパソコン【LAVIE Note NEXT NX750/NAB PC-NX750NAB】を、”システム修復”で即解決! パソコン修理・サポート事例(湖西市)

NEC製 LAVIE Note NEXT NX750/NAB PC-NX750NAB ノートパソコン

今回のご依頼は湖西市のお客様より、Word(ワード)が開かないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

Word(ワード)を開こうとすると、「構成レジストリデータベースが壊れています。」のメッセージが出てWordが開かないとのご相談でした。

このエラーの内容を確認しますと、レジストリというWindowsのシステムやアプリケーションソフトの設定情報などのパソコンに関するあらゆる情報が格納されているファイルが壊れている状態でした。レジストリが壊れたままパソコンを使い続けると、アプリケーションソフトが正常に動作しなくなったり、パソコンが起動しなくなるこもあります。

壊れたレジストリを修復するために、今回はシステムの復元作業のご提案させていただきました。

システムの復元とは、システムを正常に動作していた状態に戻すことです。
システムの復元方法はこちら(Windows10)、こちら(Windows11)をご覧ください。

システムの復元
システムの復元
システムの復元
システムの復元

Word(ワード)が開かないトラブルが出る前の日時に、自動復元ポイントが作成されていたので、この日時にシステムを戻していきます。

ワードの画面

システムの復元が正常に行われ、レジストリも正常な状態に戻り、Word(ワード)も開くことができました。

レジストリが壊れる原因としては、パソコンの強制終了、ウイルス感染、ハードディスク(HDD)やSSDの故障などです。レジストリが壊れてしまうと最悪の場合、パソコンが起動しなくなるこもありますので、パソコンの強制終了を控える、ウイルス対策ソフトを導入してウイルス感染を予防をする、ハードディスク(HDD)やSSDに異常がないかどうかを調べる検査を定期的に行いましょう。また、万が一レジストリが壊れて不具合が発生した時も、システムの復元を行えばシステムを正常に動作していた状態に戻すことできますので、定期的にパソコンが正常な状態の時に復元ポイントを作成しておくとよいでしょう。

復元ポイントの作成方法はこちら(Windows10)、こちら(Windows11)をご覧ください。

今回はWord(ワード)が開かないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。システムの復元により、システムを正常に動作していた状態に戻すだけではなく、作成したデータには影響がなく、ドキュメントやピクチャなどに保存したデータはそのままの状態で残るメリットもあります。
Word(ワード)が開かなくてお困りのときや、その他のアプリケーションソフトが開かないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。