パソコンの電源が入らない、BTOデスクトップパソコンを、”内部配線の接続”で即解決! パソコン修理・サポート事例(菊川市)

BTO デスクトップパソコン

今回のご依頼は菊川市のお客様より、パソコンの電源が入らないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

突然パソコンの電源が入らなくてなってしまったとのご相談でした。

パソコンのフロントパネルからマザーボード上のコネクターに接続されている電源スイッチの配線に誤りがあり、電源ボタンを押してもパソコンの電源が入らない状態でした。

マザーボード上には、数多くのコネクターがあり、パソコンを構成する各部品は接続するコネクターが決められております。間違えて他のコネクターに接続してしまうと部品が正常に動作しなかったり、部品やマザーボードが故障する可能性もありますので注意が必要です。

電源スイッチケーブルをマザーボード上の正しいコネクターに接続する必要がありましたので、今回は内部配線の接続作業をご提案させていただきました。電源スイッチケーブルとは、電源ボタンを押すだけで電源のONやOFFができるように、マザーボード上に接続されるケーブルです。

電源スイッチ

検証用の電源スイッチケーブルでマザーボードの動作確認を行います。電源が入りましたのでマザーボードや電源ユニットには問題がないことが確認できました。

マザーボード

フロントパネルから延びている電源スイッチケーブルを、マザーボード上の電源スイッチコネクターに接続します。

デスクトップ画面

問題なく電源が入り、パソコンも起動できました。

パソコンはマザーボード、電源ユニット、ハードディスク(HDD)やSSD、メモリー、グラフィックボード、フロントパネルなどの数多くの部品で構成されています。1つでも接続を間違えるとパソコンは正常に動作しなくなります。また、パソコンの調子が悪くなってパソコンの内部をむやみに触ってしまうと状態が悪化する場合がありますので注意が必要です。パソコンの内部は配線が複雑になっており、静電気により精密機器が壊れる可能性もあるため、パソコンの内部を開ける場合はパソコン修理業者さんにお任せするのをおすすめいたします。

今回は内部配線の接続によるパソコンの電源が入らないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。正しく内部配線を接続することでパソコンの電源トラブルの解消だけではなく、さまざまなトラブルを予防することができます。また、内部配線を整理することで、パソコン内部の埃も溜まりにくく排熱もしやすくなるため、パソコンが壊れにくくなるメリットもあります。
パソコンの電源が入らなくてお困りのときや、パソコンの挙動がおかしいなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。