画面が真っ暗なまま何も映らない、NEC製一体型デスクトップパソコン【DA770/BAR PC-DA770BAR-E3】を、”液晶パネル交換”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

NEC製 DA770/BAR PC-DA770BAR-E3 一体型デスクトップパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、画面が真っ暗なまま何も映らないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

パソコンの電源を入れても画面が真っ暗なまま何も映らないとのご相談でした。

液晶パネルの表示不良が発生していて画面に出力できずに、画面が真っ暗なまま何も映らない状態です。
液晶パネルの表示不良の症状としては、画面に何も表示されない、画面に縦線や横線が入る、画面の色がおかしい、画面が薄暗い、画面の一部が明るい、画面がちらつく・乱れるなどがあります。液晶パネルの表示不良の原因としては、液晶パネルの故障、液晶パネルとマザーボードを繋ぐLCDケーブルの損傷、LCDケーブルを接続するコネクター部分の接触不良、マザーボードの故障、グラフィックドライバーの不具合などが考えられます。液晶パネルの表示不良のときは、外部のモニターと接続して、原因の切り分けを行うとよいでしょう。

液晶パネルの表示不良が発生している状態でしたので、今回は新しい液晶パネルの交換作業をご提案させていただきました。

液晶パネル交換

液晶パネルの交換作業を行っていきます。
マザーボード側で、液晶モニターを固定しているネジや、液晶モニターと繋がっているLCDケーブルをマザーボード上から外します。

液晶パネル交換

壊れた液晶パネルを取り外します。

液晶パネル

新しい交換用パネルです。

NEC製 DA770/BAR PC-DA770BAR-E3 一体型デスクトップパソコン

新しい液晶パネルを取り付けて、画面が映るようになりました。

液晶画面のトラブルには、液晶パネルの経年劣化による表示不良や、外部からの衝撃や圧力による液晶割れや液晶漏れがあります。
表示不良が起こる原因としては、経年劣化による液晶パネルの故障やマザーボード・グラフィックボード・メモリーのハード故障によって表示不良が起こることもあります。また、グラフィックドライバーの不具合でも表示不良になることもあるため、表示不良が起きたときには原因の切り分けを行っていく必要があります。液晶割れや液晶漏れについては、パソコンの取り扱いに注意をすれば防ぐことができるトラブルなので、液晶画面に保護フィルムを貼ったり、ノートパソコンを持ち運ぶときはパソコン専用のバッグに入れるなどして、液晶画面を保護しましょう。

今回は画面が真っ暗なまま何も映らないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。液晶パネル交換により液晶の表示が改善するだけではなく、液晶パネルの寿命が延びるメリットもあります。
画面が真っ暗なまま何も映らなくてお困りのときや、画面の表示がおかしいなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。