Microsoft 365のOfficeのソフトウェアのインストール方法がわからない、DELL製デスクトップパソコン【Vostro 3710】を、”ソフトウェアインストール”で即解決! パソコン修理・サポート事例(磐田市)

DELL製 Vostro 3710 デスクトップパソコン

今回のご依頼は磐田市のお客様より、Microsoft 365のOfficeのソフトウェアのインストール方法がわからないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

パソコンでは、ソフトウェアを使用してさまざまな事をすることができます。インターネットを閲覧したり、メールの送受信をしたり、文書を作ったりなどの目的に応じてソフトウェアを利用します。
あらかじめパソコンの中に利用したいソフトウェアが入っていれば良いですが、なかには入っていないこともあります。そのような場合、ソフトウェアをパソコンにインストールする必要がありますが、ソフトウェアによってはインストール方法が複雑なものもあります。ソフトウェアの提供方法は、一般的にパッケージ版かダウンロード版の2種類です。パッケージ版は、CD-ROMまたはDVD-ROMを同梱した箱を受け取る形態で、ダウンロード版はインターネットからソフトウェアのプログラムをダウンロードする形態です。どちらにしても、パソコンにインストールしてソフトウェアを利用できるようになります。有料の多くのソフトウェアには、シリアル番号やライセンスキーといったソフトウェアのインストール時にその番号(キー)の入力を求められることがあるため、大切に保管しておく必要があります。

Microsoft 365のOfficeのソフトウェアをパソコンにインストールするために、今回はソフトウェアインストールの作業をご提案させていただきました。

サービス名利用可能なサービス
Microsoft 365 FamilyWord・Excel・Power Point・Outlook・Microsoft Editor・Clipchamp・Teams・One Note・Access・Publisher・Microsoft Forms・Skype
Microsoft 365 PersonalWord・Excel・Power Point・Outlook・Microsoft Editor・Clipchamp・Teams・One Note・Access・Publisher・Microsoft Forms・Skype
Microsoft 365(家庭向け)
サービス名利用可能なサービス
Microsoft 365 Business BasicWord・Excel・Power Point・Outlook・Teams・One Drive・Share Point・Exchange
Microsoft 365 Business StandardWord・Excel・Power Point・Outlook・Teams・One Drive・Share Point・Exchange・Clipchamp・Microsoft Loop
Microsoft 365 Business PremiumWord・Excel・Power Point・Outlook・Teams・One Drive・Share Point・Exchange・Clipchamp・Microsoft Loop
Microsoft Entra ID・Intune・Azure Information Protection
Microsoft 365 Apps for businessWord・Excel・Power Point・Outlook・One Drive
Microsoft 365(一般法人向け)

Microsoft 365 Apps for businessのインストールを行っていきます。
Microsoft 365(マイクロソフト365)とは、Microsoftが提供しているOffice製品やOneDriveといった様々なサービスのサブスクリプションサービスです。初期費用を抑えられたり、Office製品を常に最新バージョンで利用できたり、1ライセンスで複数のパソコンで利用できるのが特徴です。

Microsoft 365 Apps for business

Microsoft 365 Apps for businessのWebページにアクセスします。

Microsoft 365 Apps for business

アカウントの登録と支払い方法を追加します。

Microsoft 365 Apps for business

サブスクリプションの手続きが完了しました。

Microsoft 365 Apps for business

Microsoft Officeをダウンロードします。

ソフトウェアのインストール方法は、パッケージ版かダウンロード版のどちらかのソフトウェアの購入方法によって変わってきます。
パッケージ版の場合は、箱に同梱されたCD-ROMまたはDVD-ROMを使ってパソコンにインストールします。しかし、最近のパソコンではCD/DVDドライブが内蔵していない機種も多くなってきているので、パッケージ版を購入する前にお持ちのパソコンがCD/DVDドライブを内蔵しているかどうかの確認が必要です。また、ダウンロード版の場合は、メーカーのWebページからソフトウェアのプログラムをダウンロードしてインストールします。インターネット環境がないとダウンロードができないので購入するときは注意が必要です。パッケージ版・ダウンロード版のインストール時にはシリアル番号やライセンスキーといった情報の入力が必要になるため、シリアル番号やライセンスキーは大切に保管をしておきましょう。

今回はMicrosoft 365のOfficeのソフトウェアのインストール方法がわからないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。ソフトウェアのインストールを行うことで、もともとパソコンの中に入っていないソフトウェアでもお使いいただくことができます。
ソフトウェアのインストールの方法がわからなくてお困りのときや、パソコンの初期設定の方法がわからないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。