パソコンの空き容量が少ない、TOSHIBA製ノートパソコン【R632/28GK PR63228GMHK】を、”SSD換装”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

TOSHIBA製 R632/28GK PR63228GMHK ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、パソコンの空き容量が少ないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

SSD容量

パソコンのすべてのデータを保存するSSDの空き容量が非常に少なく、パソコンの動作が遅くなっている状態です。
SSDの空き容量が少なくなると、SSDの処理速度が低下しパソコンの動作が遅くなったり、データの保存やWindows Updateができなくなってしまいます。パソコンの機種によっては、SSDの容量が128GBなどの小さい容量の機種もあり、そのような機種ではどうしても空き容量不足が発生してしまいますが、空き容量が不足したままパソコンを使っていると、SSDのフラッシュメモリを劣化させて寿命を縮めてしまいます。SSDの寿命が近づくと、パソコンの動作が遅くなる、フリーズする、突然シャットダウンするなどの症状があり、ある日突然パソコンが起動しなくなるといった物理障害が発生する危険性もありますので注意が必要です。

SSDの空き容量が不足している状態でしたので、今回は新しいSSDの換装作業をご提案させていただきました。
SSDとは、ハードディスク(HDD)よりもデータの読み書きが高速なデータを記憶する部品です。

SSD

SSDの換装作業を行っていきます。
今回のSSD換装に使用するのは、Transcend(トランセンド)製mSATA 256GBのSSDです。TranscendのSSDは、品質や信頼性が高くパフォーマンスも良いので、おすすめのSSDです。

ディスククローン

SSD換装の前に、古いSSDから新しいSSDへのディスクのクローン作業を行います。
ディスククローンとは、ハードディスク(HDD)やSSDといった記憶装置上のOS・アプリケーションソフト・保存したデータなどのすべてのデータを、別の記憶装置に丸ごと複製する作業のことです。記憶装置の経年劣化や不具合などで交換が必要なときに、ディスククローンを行うことで、今までのご利用環境のままパソコンを使用できるメリットがあります。
ディスクのクローン作成方法はこちらをご覧ください。

SSD換装

クローン作業の完了後、mSATAスロットにSSDを取り付けます。
mSATAとは、パソコンとハードディスク(HDD)・SSD・DVD/Blu-rayドライブなどの周辺機器の間でデータ転送をするための接続規格です。

SSD容量

SSDの容量が128GBから256GBになり、SSDの空き容量も増えパソコンの動作も速くなりました。

近年のパソコンでは、SSD搭載のパソコンが主流になってきましたが、一般的なパソコンのSSDの容量は256GBと比較的小さい容量の機種が多いです。
SSDの空き容量が不足したままパソコンを使っていると、SSDのフラッシュメモリを劣化させて寿命を縮めてしまうので、定期的に不要なデータを削除したり、外付けのハードディスク(HDD)やSSDにデータを移行するなど、少しでも空き容量を増やすように心がけましょう。不要なデータの削除などでもSSDの空き容量を増やすことができない場合は、容量の大きいSSD換装作業をおすすめいたします。

今回はSSD換装によるパソコンの空き容量が少ないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。SSD換装により空き容量不足の解消だけではなく、SSDの部品の寿命を延ばして長い間安心してパソコンをお使いいただけるメリットもあります。
パソコンの空き容量が少なくてお困りのときや、パソコンの動作が遅いなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。