バッテリーが充電されない、dynabook製ノートパソコン【Y4 P1Y4PPEW】を、”バッテリー交換”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

dynabook製 Y4 P1Y4PPEW ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、バッテリーが充電されないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

バッテリーの経年劣化により充電ができなくなってしまった状態です。
ノートパソコンの充電ができない原因としては、電源ケーブルの断線やACアダプター・OAタップの故障などでパソコンに電力が供給されていない、パソコンの内部に不要な電気が留まる(帯電)、バッテリーの故障などが考えられます。バッテリーの寿命は、使用状況により異なりますが、平均3~5年程度といわれていて、充電や放電回数でいうと約300~500回程で消耗し充電ができなくなってしまいます。ノートパソコンの充電ができない場合は、バッテリーをリフレッシュする、バッテリーを外してパソコンを放電する、電源ケーブルやACアダプターを買い替えてみて、それでも改善しない場合はバッテリーの故障の可能性が高いです。新しいバッテリーを交換するときは、バッテリーのトラブルに遭わないためにもPSEマークがついた安全性を満たしているバッテリーを選ぶと良いでしょう。

経年劣化によりバッテリーの故障が発生している状態でしたので、今回はバッテリーの交換作業をご提案させていただきました。

バッテリー交換

バッテリーの交換を行っていきます。

バッテリー交換

故障したバッテリーを取り外します。

バッテリー交換

新しいバッテリーを取り付けます。

dynabook製 Y4 P1Y4PPEW ノートパソコン

バッテリーの充電ができるようになり、バッテリー駆動でパソコンが使えるようになりました。

ノートパソコンのバッテリーの寿命は、使用状況により異なりますが、平均3~5年程度といわれています。バッテリーの寿命に近づくと、充電ができなくなったり、バッテリーが知らない間に膨張することもあるので、定期的にバッテリーの状態を確認する必要があります。バッテリーの充電状態を確認するには、Windowsに標準で用意されている「Battery report」機能を使って、バッテリーのヘタリ具合を確認することできます。また、バッテリーが膨張した場合は、クリックができない、タッチパッド部分が膨らむ、ノートパソコンの筐体が変形している、ディスプレイを閉じたときに浮く、外装に隙間ができるなどの症状が生じるので、そのような場合は早めにバッテリーの交換をする必要があります。
「Battery report」の確認方法はこちらをご覧ください。

今回はバッテリーが充電されないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。バッテリー交換によりバッテリーの充電ができるようになるだけではなく、バッテリーの経年劣化によって起こるパソコンのトラブルも回避できるメリットもあります。
バッテリーが充電されなくなってお困りのときや、パソコンの電源が入らないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。