バッテリーの充電の持ちが悪い、FUJITSU製ノートパソコン【AH42/D FMVA42DW】を、”バッテリー交換”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

バッテリー交換

今回のご依頼は浜松市のお客様より、バッテリーの充電の持ちが悪いトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

バッテリー残量

バッテリーの経年劣化によるバッテリー容量の低下により、充電の持ちが悪くなってしまっている状態です。
ノートパソコンのバッテリーに使われるリチウムイオン電池の劣化のサインには、バッテリーの充電の減りが早い、バッテリーの充電速度が遅くなる、バッテリーが極端に熱くなるなどが挙げられます。バッテリーの寿命は、使用状況により異なりますが、平均3~5年程度といわれていて、充電や放電回数でいうと約300~500回程で消耗し充電ができなくなってしまいます。新しいバッテリーを交換するときは、バッテリーのトラブルに遭わないためにもPSEマークがついた安全性を満たしているバッテリーを選ぶと良いでしょう。

経年劣化によりバッテリー容量の低下が発生している状態でしたので、今回はバッテリーの交換作業をご提案させていただきました。

バッテリー交換

バッテリーの交換を行っていきます。
劣化したバッテリーを取り外します。

バッテリー交換

新しいバッテリーを取り付けます。

バッテリー残量
FUJITSU製 AH42/D FMVA42DW ノートパソコン

バッテリーの充電ができるようになり、バッテリー駆動でパソコンが使えるようになりました。

バッテリーは少しずつ劣化をしていつかは寿命が来てしまいますが、パソコンの使用環境や充電方法などに気を付けることで、バッテリーを長持ちさせることが可能です。
少しでもバッテリーを長持ちさせるためには、ノートパソコンのバッテリーは熱に弱い傾向があるため高温の環境での使用を避けたり、ノートパソコンを常に電源に接続したまま電池の容量が100%の使い方(過充電)や、電池の容量が0%になる使い方(過放電)に注意して、パソコンを使用するように心がけましょう。また、バッテリーの充電の減りが早いなどの劣化のサインが出た場合は、Windowsに標準で用意されている「Battery report」機能を使って、バッテリーのヘタリ具合を確認することできますので、一度バッテリーの充電状態を確認してみてはいかがでしょうか。
「Battery report」の確認方法はこちらをご覧ください。

今回はバッテリーの充電の持ちが悪いトラブル解決事例をご紹介させていただきました。バッテリー交換によりバッテリー容量が増えてバッテリーの充電の持ちが良くなるだけではなく、バッテリーの経年劣化によって起こるパソコンのトラブルも回避できるメリットもあります。
バッテリーの充電の持ちが悪くてお困りのときや、バッテリーが充電されないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。