復元ポイントの作成方法 【Windows11】

windows11のデスクトップ画面

今回はWindows11の復元ポイントの作成方法についてご紹介いたします。

Windows11の復元ポイントを作成しておくことで、パソコンが正常に動作しなかったりWindowsが起動しないなどのトラブルが起きた時に、システムを正常に動作していた状態に戻すことできますので、定期的に復元ポイントを作成しておくのをおすすめいたします。

それではWindows11の復元ポイントの作成方法の手順をご紹介していきます。

復元ポイントの作成

1.デスクトップ画面中央の「スタート」をクリックし、「設定」をクリックします。

復元ポイントの作成

2.【設定】が表示されますので、画面左の項目から「システム」をクリックし、システムの中にある「バージョン情報」をクリックします。

復元ポイントの作成

3.関連リンクの中にある「システムの保護」をクリックします。

復元ポイントの作成
復元ポイントの作成
復元ポイントの作成

4.【システムのプロパティ】が表示されますので、保護設定の中にある、Windows(C:)(システム)の保護が有効になっているかを確認し、「作成」をクリックします。保護が無効になっている場合は、「構成」をクリックします。【システム保護対象 Windows(C:)】が表示されますので、「システムの保護を有効にする」にチェックを入れ、「適用」をクリックし、「OK」をクリックします。

復元ポイントの作成

5.【システムの保護】の復元ポイントの作成が表示されますので、空欄に作成した日付などの任意の説明を入力し、「作成」をクリックします。

復元ポイントの作成

6.【システムの保護】の「復元ポイントを作成しています…」というメッセージが表示されます。

復元ポイントの作成

7.【システムの保護】の「復元ポイントは正常に作成されました。」というメッセージが表示されます。

これでWindows11の復元ポイントの作成は以上になります。

Windowsの更新後に起動しないなどのトラブル時に、Windows11の復元ポイントを作成しておけば、トラブルの内容によってはパソコンを直すことができる場合がございます。万が一に備えて定期的に復元ポイントを作成していただければと思います。

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。