「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージが表示される、FUJITSU製ノートパソコン【FUTRO MS936 FMVC06001】を、”データ移行とUSB端子修復”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

USB端子

今回のご依頼は浜松市のお客様より、「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージが表示されるトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージ
「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージ

USBメモリーを挿した状態でパソコンを落としてしまい、USBメモリーを接続しても「USBデバイスが認識されません」というエラーメッセージが出て認識できなくなったとのご相談でした。

USBメモリー

USBメモリーの外側のカバーが完全に剥がれていて中の基盤がむき出しになり、パソコン側のUSB端子も曲がっていて損傷している状態でした。
「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージが表示される原因には、USBメモリーやUSB端子の故障、USBドライバーの不具合や破損などが考えられます。USBメモリーの故障の場合は、修理するよりも保存されているデータを取り出して新しく買い替えたほうが費用が安く済みます。USB端子の故障の場合は、USB端子の修復や基盤の交換をすれば直すことができます。USBドライバーの不具合や破損などの場合は、
ドライバーの更新やインストールをすることで直すことができます。

USBメモリーとUSB端子どちらとも物理的な破損が発生している状況でしたので、今回は壊れたUSBメモリーのデータ移行とUSB端子の修復作業をご提案させていただきました。

USB端子

USB端子自体は物理的な故障はなく、パソコンの筐体とのズレが発生していたので調整を行いました。

USBメモリー

物理的に破損したUSBメモリーは、保存されているデータを新しいUSBメモリーに移行しました。

普段よくお使いになるUSBメモリーは手軽にデータを保存できて便利な反面、USBメモリーが認識されなかったり、USB端子が破損して接続できなくなったなど、トラブルも多くあります。パソコンの不具合で認識されないなどのトラブルもありますが、USBメモリー自体の経年劣化による故障によって認識されなくなることもあります。USBメモリーには寿命があり、書き込み回数によって変わりますが平均して3~5年程度です。寿命を迎えると、保存していたデータが破損したり、データの読み書きができなくなったり、認識されなくなる可能性がありますので、定期的に買い替えて万が一の故障に備えましょう。

今回は「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージが表示されるトラブル解決事例をご紹介させていただきました。データ移行とUSB端子修復により、認識されなくなったUSBメモリーに保存されていたデータを見ることができるようになりました。
「USBデバイスが認識されません」のエラーメッセージが表示されてお困りのときや、データが消えてしまったなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。