メーカーのロゴ画面で止まってしまい、パソコンが起動しない、DELL製ノートパソコン【Inspiron 3580】を、”データ取り出し”で即解決! パソコン修理・サポート事例(磐田市)

DELL製 Inspiron 3580 ノートパソコン

今回のご依頼は磐田市のお客様より、メーカーのロゴ画面で止まってしまい、パソコンが起動しないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

ハードディスク(HDD)を取り出して診断してみると、経年劣化により不良セクターという物理的な障害が発生している状態です。不良セクターとは、ハードディスク(HDD)の代表的なトラブルの一つで、ハードディスク(HDD)の経年劣化によってデータを正常に読み書きできなくなった保存領域のことです。不良セクターが発生してしまうと、パソコンの動作が遅くなったり、パソコンがフリーズしたり、保存していたデータが壊れたりなどの症状が出てきます。不良セクターによる症状が重い場合は、パソコンの起動時にメーカーのロゴ画面で止まってしまう、ブルースクリーンが出る、画面が真っ暗なまま何も映らないなど、パソコンが起動しなくなったりもします。ハードディスク(HDD)の寿命は一般的に4~5年程度と短いため、パソコンが遅くなってきたなどの症状が出てきた場合は注意が必要です。

ハードディスク(HDD)に物理的な障害が発生している状態でしたので、今回はパソコンの中に入っているデータの取り出しをご提案させていただきました。
パソコンが正常に起動しなくても、パソコンの内部からデータを保存しているハードディスク(HDD)やSSDといった記憶装置を取り出して、データを取り出すことが可能です。

データ取り外し

パソコンの内部からハードディスク(HDD)を取り出し、データを取り出します。
ハードディスク(HDD)は不良セクターが発生していましたが、問題なくデータを取り出せました。

ハードディスク(HDD)の寿命は、使用状況により異なりますが、平均4~5年程度といわれていて、パソコンの部品の中で一番壊れやすい消耗品です。ハードディスク(HDD)やSSDの不具合でパソコンが正常に起動しなくなることもあり、保存されているデータが消えたり取り出せなくなるケースは多くあります。データを復旧できる場合もありますが、データ復旧には高い費用と時間もかかり、復旧が100%保証できるとも限りません。パソコン内のハードディスク(HDD)やSSDといった記憶装置へのデータ保存だけでは不十分なため、定期的に外付けのメディアやクラウドストレージへのバックアップを取っておき万が一のデータトラブルに備えましょう。

今回はメーカーのロゴ画面で止まってしまい、パソコンが起動しないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。データ取り出しにより、パソコンが起動しないトラブルでも、保存していた大切なデータを取り出すことができます。
メーカーのロゴ画面で止まってしまい、パソコンが起動しなくてお困りのときや、電源が入らないパソコンからデータを取り出したいなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。