パソコンの電源が入らない、Acer製デスクトップパソコン【AM3970-A54D】を、”メモリー交換”で即解決! パソコン修理・サポート事例(磐田市)

Acer製 AM3970-A54D デスクトップパソコン

今回のご依頼は磐田市のお客様より、パソコンの電源が入らないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

パソコンの電源ボタンを押しても電源が入らなくなってしまったとのご相談でした。

それぞれのパソコン内部の部品を取り出して診断してみると、メモリーの接触不良が発生している状態です。パソコンの電源が入らない原因としては、電源ユニット、マザーボード、グラフィックボード、ハードディスク(HDD)・SSD、メモリー、バッテリーなどの内蔵部品の故障や、電源ケーブルやACアダプターの不具合や、帯電トラブルなどが考えられます。内蔵の部品が壊れていなかったとしても、マザーボードとの接触不良だけでもパソコンの電源が入らないこともあります。パソコン内部に埃が溜まると内部の排熱機能が低下し、パソコン内部の熱によってパソコンの内蔵部品が故障する可能性がありますので注意が必要です。

メモリーそのものは故障していなくマザーボードとの接触不良が発生している状態でしたが、メモリーの搭載容量も少なかったので、今回はメモリー交換をご提案させていただきました。メモリーとは、ハードディスク(HDD)やSSDなどの記憶装置から読み出したデータを一時的に記憶する部品です。メモリーの容量が大きいほどパソコンの処理速度が上がり、パソコンの動作が高速になります。

メモリー

メモリースロットが4つあり、スロットの1番目と3番目にデュアルチャネルで取り付けられていました。デュアルチャネルとは、同一規格・同一容量のメモリを2枚1組で取り付けることにより、CPUやメモリのデータの転送速度を向上させる技術です。今回はメモリーの容量も4GBから8GBへ増設し、DDR3 PC3-10600 4GB 2枚のメモリーをスロットの2番目と4番目に取り付けます。

デスクトップ画面

パソコンの電源が入り、正常に起動しました。

パソコンの内部は、発熱するたくさんの部品で構成されており、パソコン内部に埃が溜まると内部の排熱機能が低下し、熱がこもり続けて部品が冷やされず壊れてしまうこともあります。電源ユニット、マザーボード、グラフィックボード、ハードディスク(HDD)・SSD、メモリーなど、一つでも壊れてしまうとパソコンの電源が入らないこともあるため、パソコンの設置場所を通気性の良い場所に変えたり、定期的にパソコン内部のクリーニングをして、パソコン内部の熱対策を心がけましょう。

今回はパソコンの電源が入らないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。メモリー交換によりメモリーの不具合の解消だけではなく、メモリーの容量を増やすことでパソコンの動作を速くするメリットもあります。
パソコンの電源が入らなくてお困りのときや、パソコンの内部から異音がするなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。