「バッテリー充電制御アップデートツール」のメッセージが表示される、FUJITSU製ノートパソコン【A744/H FMVA0400M】を、”アプリケーションアップデート”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

FUJITSU製 A744/H FMVA0400M ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、「バッテリー充電制御アップデートツール」のメッセージが表示されるトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

パソコンの起動時に、「バッテリー充電制御アップデートツールの動作に必要なソフトウェアをインストールしてください」というメッセージが表示されるとのご相談でした。

バッテリー充電制御アップデートツールとは、富士通製の一部のノートパソコンを対象に、バッテリーの消耗により内圧が上昇して発生する発煙や発火などの事故を未然に防ぐことを目的とした、バッテリー充電を制御するアプリケーションソフトを更新するためのプログラムです。

ノートパソコンを安全に使うためには、このバッテリー充電制御アップデートツールを実行して、お使いのパソコンがアップデートの対象か確認し、アップデートが必要な対象製品であれば、アップデート作業をする必要があります。

今回はアップデート対象製品でしたので、アプリケーションのアップデート作業をご提案させていただきました。 

メッセージ

バッテリー充電制御アップデートツールを実行していきます。
1.バッテリー充電制御アップデートツールの「開始する」をクリックすると、ソフトウェアのダウンロードが開始されます。
2.BIOSアップデートのソフトウェアが起動するので、「開始」をクリックして、BIOSを更新します。
3.パソコンが再起動されて、更新作業は以上で終了です。

ノートパソコンのバッテリーの寿命は、使用状況により異なりますが、平均3~4年程度といわれています。一般的には満充電時の容量が50%を切ったタイミングが交換推奨時期で、30%を切ったときは交換が必要です。バッテリーを劣化したまま使い続けると、バッテリーが膨張したり、発熱・発煙・発火などの恐れがあるので注意が必要です。バッテリーの減りが早かったり、パソコンの筐体が変形してきたときは、早めにバッテリー交換をしましょう。また、バッテリーの劣化が原因で、パソコンの電源が入らないトラブルもあります。電源が入らない場合は、一度バッテリーを外し、電源ケーブルを繋いで起動できるか確認しましょう。

今回は「バッテリー充電制御アップデートツール」のメッセージが表示されるトラブル解決事例をご紹介させていただきました。アプリケーションアップデートにより、パソコンのパッテリーを制御するソフトウェアの更新を行って、バッテリーの発煙や発火のリスクを未然に防ぐことができます。
「バッテリー充電制御アップデートツール」のメッセージが表示されてお困りのときや、バッテリーの劣化などのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。