ウイルス対策ソフトのバージョンアップの方法がわからない、FUJITSU製ノートパソコン【AH41/D2 FMVA41D2B】を、”ウイルス対策ソフトバージョンアップ”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

FUJITSU製 AH41/D2 FMVA41D2B ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、ウイルス対策ソフトのバージョンアップの方法がわからないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

今までご利用していたウイルス対策ソフトのバージョンが古くなり、ウイルス対策ソフトのメーカーが新バージョンのお知らせを表示させている状態です。
マイクロソフトによるWindowsのサポートの終了と同じく、ウイルス対策ソフトにも旧バージョンのサポートの終了があります。これは、日々増加するウイルスへの対応や機能と使いやすさの向上を目的として、製品のバージョンアップや新製品のリリースを続けていて、新バージョンや新製品の提供に伴い、旧バージョンのサポートを随時終了しているからです。製品のサポートが終了した後は、ウイルス対策ソフトの更新ができなくなり、新しいウイルスなどの脅威からはパソコンを保護できなくなってしまいます。そのため、ウイルス対策ソフトのサポートが終了する前に、速やかに新しいバージョンへ移行する必要があります。

ウイルス対策ソフトのバージョンが古くなり、旧バージョンのサポートが終了する状態でしたので、今回はウイルス対策ソフトのバージョンアップ作業をご提案させていただきました。

ウイルス対策

ウイルス対策ソフトのバージョンアップを行っていきます。
今回のバージョンアップを行うウイルス対策ソフトは、NTT西日本が提供する、自社回線契約向けの「セキュリティ対策ツール」というウイルス対策ソフトです。Trend Micro製のウイルスバスターと同等の機能が特徴です。

ウイルス対策

旧バージョンのウイルス対策ソフトの削除を行います。

ウイルス対策

新バージョンのウイルス対策ソフトのインストールを行います。

ウイルス感染の脅威からパソコンを守るためにウイルス対策ソフトをパソコンにインストールする必要がありますが、多くのウイルス対策ソフトにはバージョンがあり、ウイルス対策ソフトのメーカーからの旧バージョンのサポートが終了するとウイルス対策ソフトの更新ができなくなり、新しいウイルスなどの脅威からはパソコンを保護できなくなってしまいます。ウイルス対策ソフトのサポートが終了した状態では、Windowsに標準搭載のMicrosoft Defenderも機能しない脆弱性のある状態のなので、サポートが終了する前に新しいバージョンにバージョンアップする必要があります。

今回はウイルス対策ソフトのバージョンアップの方法がわからないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。ウイルス対策ソフトバージョンアップによりウイルス感染の脅威からパソコンを保護し、パソコンを安全にお使いいただくことができます。
ウイルス対策ソフトのバージョンアップの方法がわからなくてお困りのときや、「ウイルスに感染した」などの警告画面が消えないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。