ワードやエクセルが使えなくなってしまった、FUJITSU製ノートパソコン【UH75/D2 FMVU75D2R】を、”マイクロソフトオフィス再インストール”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

FUJITSU製 UH75/D2 FMVU75D2R ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、ワードやエクセルが使えなくなってしまったトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

マイクロソフトオフィスのアイコンが白くなり、パソコンからマイクロソフトオフィスのソフトウェアが消えてしまっている状態です。
マイクロソフトオフィスが消える原因としては、Windowsの更新による影響、Windowsのアップグレードによる影響、誤ってパソコンを初期状態に戻してしまったなどが考えられます。マイクロソフトオフィスが消えてしまうと、関連製品であるWord(ワード)、Excel(エクセル)、Power Point(パワーポイント)、Outlook(アウトルック)などのすべてのアプリケーションソフトが消えてしまいデータを見ることができなくなってしまいますが、保存していたデータは消えることはないため、慌てずに落ち着いて対応する必要があります。マイクロソフトオフィスが消えてしまった場合は、マイクロソフトのWebページからマイクロソフトアカウントに紐付けされたオフィス製品をダウンロードして再インストールすることが可能になっています。

マイクロソフトオフィスがパソコン内から削除されていた状態でしたので、今回はマイクロソフトオフィスの再インストール作業をご提案させていただきました。

マイクロソフトオフィスインストール

マイクロソフトアカウントにサインインして、サブスクリプションのページからマイクロソフトオフィスのインストールを行います。

マイクロソフトオフィスインストール

Microsoft 365 Personalをダウンロードします。
Microsoft 365 Personalとは、マイクロソフトが提供するMicrosoft Office製品の家庭向けサブスクリプションサービスのことで、インストールできる台数が無制限(同時使用は5台まで)であったり、1TBの無料クラウドストレージ(One Drive)が使用できるのが特徴です。

マイクロソフトオフィスインストール

Microsoft 365 Personalがインストールされ、ワードやエクセルが使える状態になりました。

マイクロソフトオフィスのトラブルには、ソフトウェアが消えた、ソフトウェアが起動しない、ライセンス認証の問題などのマイクロソフトオフィスが使えないトラブルがあります。そのようなトラブルの場合、マイクロソフトオフィスの修復、ライセンス認証、再インストールの作業で解決することができますが、その際にマイクロソフトオフィスと紐付けたマイクロソフトアカウントの情報が必要になる場合があります。マイクロソフトアカウントはパソコンの初期設定時やマイクロソフトオフィスを初めて使用する時に登録する情報です。マイクロソフトアカウントはユーザー名(メールアドレス又は携帯電話番号)とパスワードの組み合わせですが、ユーザー名やパスワードを忘れてしまうと、マイクロソフトオフィスのトラブルが起きたときに対応が難しくなる場合もありますので、マイクロソフトアカウントの情報は大切に保管しておきましょう。

今回はワードやエクセルが使えなくなってしまったトラブル解決事例をご紹介させていただきました。マイクロソフトオフィス再インストールにより使えなくなってしまったマイクロソフトオフィスを復元してお使いいただくことができます。
ワードやエクセルが使えなくなってしまってお困りのときや、マイクロソフトオフィスのライセンス認証のメッセージが表示されるなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。