パソコンの電源が入らない、TOSHIBA製ノートパソコン【NZ61/TG PNZ61TG-NWA】を、”パソコン放電”で即解決! パソコン修理・サポート事例(浜松市)

TOSHIBA製 NZ61/TG PNZ61TG-NWA ノートパソコン

今回のご依頼は浜松市のお客様より、パソコンの電源が入らないトラブルのパソコン修理・サポート事例をご紹介いたします。

パソコンが帯電してしまい、電源ボタンを押しても電源が入らない状態です。
帯電とは、パソコンの内部に不要な電気が溜まってしまうことです。パソコンが帯電してしまうと、電源が入らなかったり、動作が不安定になったりする場合があります。パソコンが帯電する原因としては、パソコンの長時間の使用や、バッテリー充電完了後の電源ケーブルを接続したままの使用、パソコンの内部の汚れや埃などが考えられます。パソコンが帯電して起動しなくなった場合は、パソコン本体に接続されている電源ケーブルなどのすべてのケーブルを取り外し、ノートパソコンについては内蔵バッテリーを取り外し、そのままの状態で1時間以上放電をすることで症状が改善する可能性があります。

パソコンが帯電している状態でしたので、今回はパソコンの放電作業をご提案させていただきました。

放電

パソコン本体に接続されているすべてのケーブルを取り外します。
ノートパソコンの裏蓋を取り外します。

放電

内蔵バッテリーからマザーボードに繋がっているケーブルを取り外して、1時間以上放置させて放電させます。

放電

内蔵バッテリーのケーブルを、マザーボードに接続します。

TOSHIBA製 NZ61/TG PNZ61TG-NWA ノートパソコン

放電が終わり、パソコンの電源が正常に入りました。

パソコンが帯電してしまうと、電源が入らないなどのトラブルを引き起こしてしまうため、普段から帯電を発生させないよう対策が必要です。
ノートパソコンの場合は、バッテリーの充電完了後は電源ケーブルを取り外したり、パソコンの設置場所を通気性の良い場所に変えたり、定期的にパソコン内部のクリーニングをしてパソコン内部の帯電対策を心がけましょう。また、長時間パソコンを使用しないときは、電源ケーブルをパソコン本体から取り外して、帯電やバッテリーの過充電によるトラブルに注意をしましょう。

今回は、パソコンの電源が入らないトラブル解決事例をご紹介させていただきました。
パソコン放電作業により、帯電のトラブルを解消し、パソコンの電源が入る状態になります。
パソコンの電源が入らなくてお困りのときや、パソコンの画面に何も映らないなどのパソコントラブルでお困りのときは、パソコン修理専門店のエルコンシェルにご相談ください。
エルコンシェルでは、浜松市を中心に磐田市・袋井市・周智郡森町・掛川市・菊川市・御前崎市・湖西市の静岡県西部で、持込・出張のパソコン修理・サポートに対応しています。パソコン修理・サポート実績30,000件以上の技術力による最短修理と、即日対応と駆けつけスピード最短15分の対応力で、パソコンやインターネットのどんなトラブルでも即解決いたします!

お気軽にお問い合わせください。

0120-776-023

営業時間 9:00-21:00
(年中無休・土日祝もOK)

この記事を書いた人

アバター画像

エルコンシェル

静岡県浜松市でパソコンに関することならエルコンシェルへ。

パソコン整備士が日々のサポート業務で
お客様からお寄せいただくご相談事を基に執筆しています。

●初めてのパソコンでお困りの方
●パソコンが急に動かずお困りの方
●買い替えをご検討中の方
など、ご参考になれば幸いです。

お客様のお役に立ちたい!きめ細かなサービスをご提供したい!と思い、
パソコンサポートの会社を起業しました。
持込み・訪問修理どちらでも迅速にご対応させて頂きます。
お気軽にご相談ください。